東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (12)

神戸連続児童殺傷事件

1997年5月24日

14歳の中学男子生徒が

11歳の知的障害のある男子児童を殺害し

翌25日

その児童の首を切り落とし

26日未明

男子生徒の通学していた中学の正門前に

その頭部を犯行声明文とともに置いた

という事件である

そして これら一連の事件は

マイナリさんが逮捕された

5月20日の直後

と言うタイミングなのだ

つまり マイナリさんが逮捕され

一応事件のけりがついたとされた直後に

神戸連続児童殺傷事件が起こるのだ

(「★阿修羅♪」より抜粋)

 

“東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (12)” の続きを読む