東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (12)

神戸連続児童殺傷事件

1997年5月24日

14歳の中学男子生徒が

11歳の知的障害のある男子児童を殺害し

翌25日

その児童の首を切り落とし

26日未明

男子生徒の通学していた中学の正門前に

その頭部を犯行声明文とともに置いた

という事件である

そして これら一連の事件は

マイナリさんが逮捕された

5月20日の直後

と言うタイミングなのだ

つまり マイナリさんが逮捕され

一応事件のけりがついたとされた直後に

神戸連続児童殺傷事件が起こるのだ

(「★阿修羅♪」より抜粋)

 

“東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (12)” の続きを読む

東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (7)

2011年3.11時点での
東電社長清水正孝
事故当時は67歳 現在は72歳で
妻とはなんと35歳差
その嫁とは実は
勝俣恒久の娘なのです
まさに「華麗なる一族」ばりの
良心的家族経営

福島第一原発が
踏んだり蹴ったりだった当日
彼は娘同然の嫁と秘書同伴で
社用と偽り
平日なのにもかかわらず
奈良で観光旅行していたことが
暴露されています

“東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (7)” の続きを読む

東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (4)

2001年2月下旬
事件が起こった同じ時期(3月初旬)
である2月下旬
弁護側は
日本大学医学部法医学教室の
押田茂實(しげみ)教授に鑑定依頼
この 本物の便器内の汚水による
精子の崩壊を観察する実験の結果もやはり
10日間の放置では
頭部のみになっている精子は約40%
20日間の放置では
80〜90%となり
不潔な水だと崩壊が早まる という
押尾講師の意見は正しくなかった
ことが証明された

“東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (4)” の続きを読む

武田鉄矢さんとともに「デマの法則」を考えてみる (2)

武田「今度の震災報道の中で
ちょっと違うんじゃねぇか と思って
思わず 怒りに震えたことが
あるんですけど・・・」

と語り始める鉄矢さん

この放送は20011年5月のものですから
東日本大震災のことを指しています

さて
何に対して
そんなに腹が立ったんでしょうか?

“武田鉄矢さんとともに「デマの法則」を考えてみる (2)” の続きを読む

武田鉄矢さんによる「錯覚」の講義がおもしろい! (1)

「今朝の三枚おろし」というラジオ番組
ご存知でしょうか?

文化放送が32局ネットでやってて
もぉかれこれ20年以上続いてるそうです

パーソナリティは
武田鉄矢さん と 水谷加奈さん

平日の朝 10分間を5回に分けて放送

で 先日 動画サイトを漁ってたら(笑)
5年ほど前の放送を見つけちゃったんです
2011年の5月ですから
東日本大震災から
それほど経っていないんですね

内容は
「記憶」というものが
いかにデタラメなものか
ということを
「錯覚の科学」という本をベースに
語っていくというもの

これが実に興味深い内容だったんで
みなさんと共有したいなと思いました

放送の2ヶ月前に起きた震災を
念頭に置いてることで
「錯覚」や「思い込み」が
どのようにデマとなって広がって行くか
さらには
マスコミの軽薄な行動が
いかにそれを助長しているか
といった内容にまで
後半は踏み込んで行きます

決して重々しかったり難しかったりする
内容ではありません
むしろその真逆で
ゲーム感覚で知識をちょっぴり
増やしていただけたらなぁと
私なんかは思っています

それじゃ 早速始めましょうか

“武田鉄矢さんによる「錯覚」の講義がおもしろい! (1)” の続きを読む