東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (11)

あくまで噂ですが
マイナリさんは
円山町を縄張りとする
巣鴨のヤクザが仕切る
別の売春婦の常連客であった
という話もあります
組員がマイナリさんが使った
コンドームの中身を保管して
「喜寿荘」101号室のトイレへ置く
なんてことは造作なかったはず
その同じ組の人間が
あるいは同一人物が
あらかじめ泰子さんを拉致し
殺害した後
遺体を101号室へ運び込んだ
と考えれば辻褄が合ってきます

“東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (11)” の続きを読む

東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (3)

1999年12月17日
東京地裁での求刑公判
検察側が無期懲役を求刑

2000年1月24日
東京地裁での弁護側最終弁論
「被告には動機がなく
犯人であることと矛盾する証拠もあり
他に犯人がいる可能性が高い」
として 無罪を主張

4月14日
東京地裁で大渕敏和裁判長
マイナリさんに対し 無罪を言い渡す

大渕裁判長
「被告が犯人であると
推認できるように思われる」

としつつも・・・

“東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (3)” の続きを読む

東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (2)

1997年10月14日
東京地裁で初公判が開かれました

マイナリさんは
取り調べから公判に至るまで
一貫して殺害を否認
その上
泰子さんとは全く面識などなかったと主張

しかし

1999年3月25日
東京地裁での第25回公判
今までとは全く逆のことを言い出し始めます

「泰子さんとは
路上で誘われて顔見知りになった」

4月26日 第26回公判
彼はついに
泰子さんと3回会ってセックスしたことを
認めてしまいます

“東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (2)” の続きを読む

東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (1)

1997年 3月19日 午後5時半頃
東京都渋谷区円山町
木造2階建てアパート「喜寿荘」(巻頭画像)
1階 101号室の空き部屋で
女性の他殺体が発見されました

バーバリーのベージュコート
その下に青のツーピース
下着の乱れなし
長い髪の毛にボールペンが絡まっており
その頭部近くに
取っ手が根元から外れて
口の開いたショルダーバッグ
中にあった財布には現金473円
そして未使用のコンドーム28個
名刺入れの中身には

東京電力東京本社 企画部 経済調査室副長
渡邊泰子(わたなべやすこ)

と記されてありました

年齢39
身長169cmに対し 体重は44㎏
拒食症だったのは明らかでした

そして

和式水洗トイレ便器内の
ブルーレット水溶液内には
精液の入った使用済みコンドームが・・・

“東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (1)” の続きを読む