東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (10)

大平明が東電を去った後も
泰子さんとの愛人関係は
ずっと続いていたのではないだろうか
同じ慶応大学経済学部であり
同じ東京電力企画部調査課であった
先輩と後輩の仲であることと
彼女の手帳に
彼の名前が記されていたこと以外
何の根拠もないにもかかわらず
どうにもそんな気がしてならない
もしかしたら
この事件は原発とは何の関係もなく
大平明と泰子さんの恋の揉め事に過ぎなかった
という新たな事実が発覚したところで
私自身 それほど驚くに値しない
そこまで彼と泰子さんとの関係には
何やら深いものがあったんではなかろうかと
孤独に勘繰っているのだが・・・

“東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (10)” の続きを読む

東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (4)

2001年2月下旬
事件が起こった同じ時期(3月初旬)
である2月下旬
弁護側は
日本大学医学部法医学教室の
押田茂實(しげみ)教授に鑑定依頼
この 本物の便器内の汚水による
精子の崩壊を観察する実験の結果もやはり
10日間の放置では
頭部のみになっている精子は約40%
20日間の放置では
80〜90%となり
不潔な水だと崩壊が早まる という
押尾講師の意見は正しくなかった
ことが証明された

“東電OL殺人事件 ウソで塗り固められた捜査と裁判 (4)” の続きを読む