東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (5)

社内では完全に無視された存在で
窓際に追いやられて干されていることを
全身で理解していながら
それでも
原発以外での電気エネルギー発生方法の考察
すなわち地熱発電の可能性に賭ける思い
と同時にやはり 父のやり残した
原発の捏造された安全神話への
飽くなき追究心を弱めることなく
かつては 扱いづらい部下
今は 頼りにされることもない
声掛けしにくくて近寄りがたい
ある種「聖域」のような存在感で
煙たがられる上司として
誰に邪魔されることもなく
黙々と作業に没頭できる立場にあり
定時退社することで逆に歓迎されているのだ
という空気を毎日背中に感じながら
日々円山町へと向かい
花魁かと見紛う厚化粧で
見知らぬ男の肉棒を受け入れ
この潔癖性であるからこその
究極の自虐行為によって
毎回父と結ばれ
母への復讐を果たし
かろうじてまだ生きている
という確認作業のルーティンにより
わざわざ死ぬこともなかろう
という意識にまで達する強度を
獲得してしまった泰子さん

この私の単なる想像に
少しでも真実はあるのだろうか?

“東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (5)” の続きを読む

東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (4)

再び佐野眞一による
「東電OL殺人事件」から抜粋してみます

 

 「客」として彼女と二年間つきあった

五十代の男によれば

彼女は東京電力につとめていることを

異常なほど誇りに思っており

電力こそ日本経済を支える

最大不可欠の原動力だ

熱っぽく語るのが常だったという

ちなみに慶応大学経済学部を

優秀な成績で卒業した彼女は

東洋経済新報社が主宰する

民間経済学者・高橋亀吉賞の応募でも

佳作に入選したことがある

・・・中略・・・

 

“東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (4)” の続きを読む

東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (2)

入社当初は
それはそれはバイタリティー溢れた
仕事ぶりだったことでしょう
定期的に提出するレポートは
朝日新聞への投稿内容からも察するに
どれもこれもことごとく優れたものであり
賞を獲ったとまで聞きます

入社数年後の1986年
チェルノブイリ原発事故
起こったこの年から
彼女に拒食症の兆候が現れ始め
一時それによって入院にまで発展した
ということも言われています

いったい何があったのか?

“東電OL殺人事件 点と点がみるみる線になる恐怖の実態 (2)” の続きを読む

水道水に対する誤解につけ込んだ浄水器詐欺がこれだ!

私 以前にですね
訪問販売で浄水器を購入したことがあるんですよ

30万円を分割払い
高かったけど 30年は持つって言われたから

これについての詳しい話は
こちら を読んでいただくとして

「浄水器を訪問高値販売 私も被害者か!?」

ということで 今回も
雨上がりの「Aさんの話」からになります

まぁー今回も目からウロコ飛び出しまくりです

ミネラルウォーターの衛生基準が
こんなにもユルユルだったなんて・・・

という話は次回に回して

今回は
水道水がまずい 危険だ
なんていうデマにつけ込んだ
浄水器詐欺の実態を
麒麟の川島さんが紹介してくれています

“水道水に対する誤解につけ込んだ浄水器詐欺がこれだ!” の続きを読む

信用できるスーパーの見極めって出来るの? (前)

雨上がりの「Aさんの話」
〜事情通に聞きました!〜

ってテレビ番組 ご存知の方多いのかな?

調べてみると
火曜の23時過ぎから毎週やってる
バラエティらしいんですが

私 昨日初めて知りました
某動画サイトにアップされてたんですよ

何の気なしに見てみると
これがかなり
目からウロコの内容でありまして
何度も ヘェーーー と感心しっぱなし

お笑いを抑えて
情報発信優先にしてるってのもミソ

今年の1月から始まって
半年超えてもまだ続いてるってことは
そこそこ数字もいいんでしょう

公式ホームページ ←クリックしてね

“信用できるスーパーの見極めって出来るの? (前)” の続きを読む