もはや味方は数えるほどに 舛添要一 東京都知事 (後編)

総額5000万円豪華ヨーロッパ巡りや
東京 ⇄ 湯河原 公用車私物化問題

これはまぁ お金にかかわる問題なんで
後でどうにでもなりそうな気もするんですが

問題なのは
お金以外のところで好き放題されてしまうと
「日本の恥」になりかねない事態になる
ということです

まずは
マスコミが一斉に沈黙している
その事件を振り返ってから
再び 憧れのマリー・アントワネット的
反・庶民感覚へ
戻ってこようかなと思います

 

青山繁晴氏 曰く
東京都知事である舛添要一氏は
以前から 東京オリンピックには
中国や韓国の協力が是非必要だと
執拗に語っていまして
それに対して私は
その都度批判的な意見を
出し続けてきたわけなんですが
このオリンピックの問題にとどまらず
私のブログには
新宿区民の方々からの書き込みもいただいてて
どういう内容かと言いますと
新宿区内の一等地を
韓国学校増設のための区画とし
韓国政府に貸し出すということを
いきなり都知事が言い出して
驚いた と同時に
呆れかえってしまった というものです
これは朝鮮半島に対する差別感情
などでは全くなく
そこに保育所を作って欲しいという要望を
前々から出しているにもかかわらず
あろうことか
外国に便宜を図ることを
優先してしまっているありえない事態
いったいどうなってるのかと聞いたところ
ちゃんと説明会を開きますとのこと
ただ 不安なのは
そこら辺一帯は高級マンションが建っていて
韓国人の方々が
非常に多く住まわれている地域であり
住民説明会があったとしても
都知事としては安心して開催できると
踏んでのことではないか と
説明会の参加率は
韓国籍の人たちや彼らに関係する方々が
日本国籍の新宿区民を
圧倒してしまうんではなかろうか
そんな中で説明されても
大した反対意見も出ないまま終了され
もしくは たとえ意見が出ても押し潰され
うやむやにされたまま終了となり
説明会を開いた
という事実だけが残る仕掛けに
翻弄される結果になるのではないか
そういうニュアンスのことを
おっしゃってるわけです

そして
このことももちろん問題なんですが
さらに深刻なのは
単なる都知事に過ぎない舛添要一氏が
国家をスルーして
韓国政府と約束事を行ったという越権行為です
東大で国際政治学を教えてた人間が
やることではいささかもないですよね
沖縄県の翁長(おなが)知事が
アメリカに出向いて普天間問題を話す行為と
全く同じことが起こっています
国同士の取り決めを無視して
単なる県知事がでしゃばってくること
こういうことするとどうなるか

「お前とこの国は一体どうなってるんだ?
なんかワケの分からん野郎が
グチグチ文句言ってきてるけど
ありゃ一体何のつもりだ?」

って相手政府からクレームきて当然ですよ
文句言ってくる相手が
国家を背負ってないんですから

地方自治と国家の区別がされていない稚拙さ
これはすなわち
「世界的な恥」に相当するんです

舛添都知事の場合も全く同じです

お気軽に中国や韓国の協力が必要
などと口走ったり
独断で韓国政府に土地を提供しようとしたり
子供だましの都政と揶揄されても
致し方ありません

新宿の一等地であるということは
どういうことか
交通の便が素晴らしく良いということです
つまり ここに保育所なりを作れば
地元民だけではなく
他の区からも楽に来られるということ
そんな絶好の土地を
外国へ優先的に手渡してしまう
という馬鹿げた行為
保育所が十分足りているならまだしも
事態は全くもって逆なのです

ーーーーーーーーーーーー

以上が青山繁晴氏のコメントです

ぐうの音も出ない とはこのこと

ということで
こういう幼稚な仕事をされてる方である故
金の使い方もデリカシーに欠けるわけです

 

橋下徹氏 曰く
警護上の理由でのスイートルームはダメ
ファーストクラスもダメ
ルールに従っているというのは官僚答弁
不合理なルールはどんどん変えないと
それが知事の役割

気持ちいいっすねぇー
これぞ一刀両断
でもここにとどまりません
沈黙する他の知事さんたちへの
ツッコミも忘れてませんよ

 

「なぜ全国の知事・市町村長が

舛添さん問題にだんまりなのか

それは皆

同じようなことをやっているからだ

この事実を明らかにすることこそ

メディアの仕事

しっかりしろ」

 

続けて

 

「全国の自治体首長の

公用車使用状況をちょっと調べれば

そのデタラメぶりが明らかになるよ

運行記録を情報公開請求すれば一発」

 

そしてこう付け加えています

 

「知事・市長を経験していてよかった

感情的なコメントにならず

他方 要人と会うから必要とか

警備の関係上必要という理由にも騙されない」

 

大阪都構想のモデルであった
東京都の知事による度重なる失態に
大きく失望していることでしょう
お気持ち察します

橋下氏が言う「せこい規定に変えてやった」
大阪府の出張規定も紹介しときましょうね

航空機=国内線はエコノミー
JALのJクラス利用は1000円自腹
海外出張の場合はビジネス使用OK
東京や名古屋などの都市部宿泊=1泊13200円
その他エリア=1泊11600円まで
海外宿泊=米国欧州の大都市は29000円
シンガポール以外のアジアの都市は19400円

なんという質素なことよ

自分の身を削ることから始める
まさに公人の鑑です

 

 

最後に
中田宏氏が明かしたリーク問題について

 

「これは都庁からのリークなんです

こういう車の使い方は問題じゃないか

という文春へのリーク

これは何を意味しているかというと

役所の職員の気持ちが

完全に知事から離れている」

 

内部告発なんですね
いつまでも調子に乗ってるとこうなります

 

「もともと舛添さんというのは

役人をどやしつけて言うことを聞かせる

典型的なタイプの人なんです

役所が知事に対して何も言わなくなってきた

そしてリークをして後ろから鉄砲を撃ち始めた

こういうことです」

 

あぁー怖ぁー
人の上になんか立つもんじゃないですねぇ

毎朝笑顔で挨拶してくれるあの人は
実は敵かもしれないんですよ

 

エリート意識だけでやってきた人間の
成れの果てがこれです

日本中に恥をさらして幕を閉じる

こんなんでもいいんで
権力ふりかざす金持ちに
一度でいいからなってみたーい

なんて考えてるの
私だけですかね?

 

(前編)はこちらから ←クリックしてね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です